マンション大規模修繕工事を行ってトラブルを未然に防ぐことが可能

マンションの修繕工事

マンション大規模修繕工事の目的と修繕工事の目安となる期間

マンション等の建物は、築年数を重ねる事で経年劣化が進み、一定の期間で改修工事が必要になります。日本国内に数多くあるマンションは、築12年程を目安にマンション大規模修繕工事が国土交通省から推奨されており、定期的なメンテナンスが行われております。マンション大規模修繕工事は、マンションの外観や資産価値を維持して行くために、大規模建築の専門業者へ依頼する事が必要です。マンション大規模修繕工事が必要になる箇所と修繕の目安となる期間は、マンションの屋根や屋上部分の場合、築11年から15年です。さらに屋根や屋上の防水処理は築21年から25年で行う事が目安となっています。またマンションの外壁では、塗装が行われている外壁で築11年から18年、外壁がタイル貼りになっている場合は築12年から18年で修繕工事が必要になるとされております。更に、マンションの廊下や階段に設置されている手すり等の金属部分の場合は、築4年から10年を目安に塗装の塗り替え等を行う事が必要になります。又、マンションの外観からは判りにくい給水管や排水管の場合は、5年毎に高圧洗浄を行うと共に、10年を目安に管の交換を行う事が望ましいとされております。

pick up

マンション大規模修繕工事で重要な見積もりと職人の質

これからマンション大規模修繕工事を検討している人は、どのくらいの費用が必要なのか把握することが重要です。マンションに深刻な問題が発生した場合、修繕するには相当額のお金が必要になります。前々から必要なお金を知っておけば、事前に準備することができるのでスムーズにマンション大規模修繕工事を行いやすい…

マンション大規模修繕工事は居住者に配慮して行おう

マンション居住者が安心して住める環境を提供するには、定期的なマンション大規模修繕工事が欠かせません。ただ大がかりになることも珍しくないマンション大規模修繕工事だけに、どのタイミングで行うのかは重要な決断です。一般的に10年を過ぎた頃に行うのが良いとされていますが、慎重に考えて決断しないといけな…

マンション大規模修繕工事の目的と修繕工事の目安となる期間

マンション等の建物は、築年数を重ねる事で経年劣化が進み、一定の期間で改修工事が必要になります。日本国内に数多くあるマンションは、築12年程を目安にマンション大規模修繕工事が国土交通省から推奨されており、定期的なメンテナンスが行われております。マンション大規模修繕工事は、マンションの外観や資産価…

専門業者選びに気をつけてマンション大規模修繕工事をしよう

マンションの大規模な修繕工事を試みようとしている時に考えなければいけないのは、依頼先の専門業者をどこにするかです。どのような方法で工事を行うかは、専門業者ごとに違いがあります。ですからとりあえずメジャーで会社規模の大きいところに何も考えず依頼するのではなく、工事の方法に納得のいく専門業者に依頼…

TOP